愛と光と奇跡と

「奇跡のコース」を実践してみます。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

近況報告と次のレッスンへの段差


ずっと更新していませんでしたが、毎日、チェックしてくださる方もいらっしゃいます。
本当にありがたいことだなあと思っています。
やめてしまおうかなと思っていたんですが、もう少し頑張ってみたくなりました。

ちょっと近況報告です。

ブログは更新していないけれど、奇跡のコースは続けていますよ!と書きたいところですが、正直なところ、奇跡のコースに関する書籍は読んでおらず、レッスンからも離れてしまっていました。ただし、書籍はコレクターのように求め続けており、ワークブックもテキストも、香咲弥須子さんの続編も手に入れ、本棚に並べて、宝の持ち腐れ状態になっております(笑)

もったいないですね。

そんな状態ですが、前向きなこともあります。

本も読まず、新たなレッスンもしていないけれど、今までして来たレッスン13までのことは、時々思い出しては実践していました。行き帰りの通勤の電車の中で、ぼーっとしながら、いつのまにかレッスンの復習が始まる感じです。そんな自然な形で、何度も何度も繰り返していたので、例えば「自分の見ているものは何の意味もない」とか「過去のものである」とかは、心でも身体でも実感出来たような気がしています。

ところで、これからもここのブログを続けていくとして、レッスン14から再開することになりますが、さっき、再開のことを考えながら、レッスン14を読んでいたら、ふと気付いたことがあります。

レッスン14は、ぼくにとって、受け入れ難い内容だなあと感じたのです。

はっきりと、受け入れ難いと思ったのは、今日が初めてですが、レッスン13のことを書いた8月の後半、レッスン14に進もうとしたときに、無意識に受け入れられない気持ちが現れて、次の行動に待ったをかけていたのかもしれません。


そのレッスン14は、
「神は、意味のない世界は創造していません。」
というものです。

スピリチュアルではない頃なら、このアイデアはすんなりと受け入れられたかもしれません。
「神なんだから、もちろん、意味のない世界なんて創るわけがない」と同意しちゃうと思うからです。

でも、今のぼくはこう考えてしまうのです。

「宇宙に意味のないものなど存在しない。」
「宇宙には神以外のものなど存在しない。」

どんなものにも意味がある、と思っています。
神様が創った世界でないとしたら、誰が創ったの?
でも、宇宙には神様以外の誰かって存在しないはず!

このことが自分の中で、ギャップになってしまい、更新を止めてしまったきっかけになった気もします。あ、もちろん、それがすべてではなく、自分の不甲斐なさが一番の原因ではあるのですが。


というわけで、自分の疑問をそばに置いたまま、前に進もうと思います。もちろん、疑問を明確に認識出来たことは、とても良いことですよね。

それから、このレッスン14についての疑問は、たぶん、ぼくの中では、もう少ししたら解決出来るもののような気がしています。ぼくの捉え方に問題があるような気がしているので。

しかし、まあ、365あるコースの13で止まってしまってるわけで、先が思いやられますね(笑)


メインブログ
地球を救え!プレミアム

日常ブログ
なるようになるさ
  • [No Tag]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。