愛と光と奇跡と

「奇跡のコース」を実践してみます。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

レッスン9 わたしは、今のありのままの姿をみていません。


わたしは、今のありのままの姿をみていません。

 「わたしは何も知らない (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック1)」
   香咲弥須子 (著) ナチュラルスピリット(発行)


ぼくらは、何かを見るとき、なにもかも、過去の経験に基づいた判断をするというのが、レッスン7,8のアイデアでした。過去の経験に基づくということは、言い換えれば、経験の内容によって、見えるものが変わる、ということになります。同じものを見ていても、人それぞれで、見えているものが違うことになります。これはこの世が幻想で出来ている証拠のひとつになるかもしれません。

話がずれてしまいましたが、レッスン9では、過去の経験に基づいて判断してしまうために、そもそも、今時点の姿をみていない、ということになります。目の前にあるものを今見ているのに、実は、過去を見ていたということになります。これは、少し驚きなのではないでしょうか。

これに似たところで、般若心経では、「照見五蘊皆空」としています。

摩訶般若波羅蜜多心経(4)
http://hampremium.blog110.fc2.com/blog-entry-593.html
(地球を救え!プレミアム)

人間は、外から見える肉体、物質等、3次元世界における形のあるものは、感覚として、見える、聞こえる、匂うなど、五感で得られる作用と知覚する作用(受の後に、温かい、気持ちいい、等思う部分)、それから、嬉しい、悲しい、嫌だ!等の意思を通し、認識するのだが、これらをしっかり観察すると、何もないのと同じである、という意味のようです。

ほんとは、ひとつだけ実相があり、ぼくらは、個別化して、個々の世界を経験に基づいて創り上げているということなんですね。この辺りの考え方は、本当によく似ていると思います。

そういう意味だと思いながら、(朝の丸ノ内線の中で)このレッスンを行いました。


メインブログ
地球を救え!プレミアム

日常ブログ
なるようになるさ
  • [No Tag]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。